洗車はガソリンスタンドに任せるのと手洗いどちらがおすすめか

洗車をするのが大嫌いだという人がいる一方で、大事な愛車を綺麗に磨き上げるのが好きだという人もいます。 車を綺麗にする時には、ガソリンスタンドで店員に任せる場合や機械に入れて拭くだけということもあれば、手洗いをする人もいます。 どれがおすすめかというのは車に対する愛着や考え方によって変わってきますから、それぞれのメリットとデメリットを知っておくとどれを選ぶのか決めやすくなります。 車を大事にしたいというのであれば、正しい知識を身に着けて自らの手で綺麗にするほうが良いですし、あまり手間を掛けたくないけれども汚れたままにしておくというのも嫌いであれば人に任せたり機械を使う手があります。 どの方法も一長一短があるので、覚えておくと車を綺麗に長持ちさせることができます。

手間を掛けたくないのであれば任せてしまうのも

車は汚れていたからと言って実用性に問題があるわけではありませんが、塗装の劣化やサビの原因につながることもありますから、定期的に綺麗にしておきたいところです。 しかし、車を洗うというのはなかなか手間のかかる作業であり、時間がかかってしまいます。 車の状態は維持したいけれども手間もかけたくないというのであれば、ガソリンスタンドの店員に任せてしまったり機械を使って拭き上げだけ自ら行うという手があります。 素人が下手にやるよりも綺麗になりますし、手間もかからないのがメリットです。 注意点としては大事な車を人に触らせることになるので気になることもあるということや、機械を使う場合には細かい磨き傷が付きやすいので細かい傷に対しても神経質な人には不向きとなっています。

手間を掛けられるなら手洗いがおすすめ

手間と時間があって正しい知識があるのであれば、自ら手洗いで洗車をするのがおすすめです。 隅々まで綺麗にすることができますし、磨き傷も最小限に抑えることができるので人や機械に任せるよりもずっと綺麗な仕上がりにすることができます。 車一台を綺麗にするというのは意外に大変なものなので、半日を費やしてしまうということもありますが、その代わりに綺麗に磨き上がった車を見るのは高い満足感があります。 注意点としては知識がないと逆に車を傷つけてしまう恐れがあったり、綺麗に洗うことができないというものがあります。 適当に洗剤をつけて水で流せばいいというものではなく、車を洗うにはコツというものが入りますから、しっかり知識を身に着けておかないと車を傷める原因となってしまうため手洗いにこだわるなら知識をよく身に着けておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加